“春爛漫” 2017年伊勢志摩でさくらを楽しむ情報
カテゴリ:イベント情報 2017年3月18日

ポカポカ陽気に、桜の開花ももうすぐそこです。

伊勢志摩で桜の名所をご案内いたします。


一、天の岩戸(環境省選定 名水百選)/オオシマザクラ  鯨望荘より車で30分

天照大御神が隠れ住まわれたという伝説の場所。伊勢神宮林のかたわらにあり、水穴から湧き出る岩清水は「日本の名水100選」に選ばれています。
平成11年12月24日付けで、町文化財の天然記念物に指定されています。
逢坂越えの旧道入口にあった家建の茶屋跡にあり、直径およそ67センチでサクラでは町内第一の巨木である。
幹は地際で分枝して横に広がった樹姿となっている。花は純白で緑の若葉を伴って咲く。天の岩戸道のそばにあるので、春には多くの観光客の目を楽しませている。
所在 三重県志摩市磯部町恵利原 駐車場 有(無料)


二、宮川堤の桜(伊勢市) 鯨望荘より車で50分

江戸時代より「桜の渡し」と呼び親しまれ、県の名勝地指定を受けている歴史ある宮川堤の桜。
川沿いには約1キロに渡り、桜並木があります。 日本さくらの会「日本さくら名所100選」に選定されており、期間中はぼんぼりやちょうちん等で桜並木が燈されます。
昔も今も時期が近づくと、多くの方が訪れます。 

三、横山の桜(志摩市)  鯨望荘より車で15分

志摩市阿児町・横山エリアでは、3月下旬からさくらが見頃をむかえます。
創造の森・横山にて、3月25日(土)・4月1日(土)に歌や丸太切り大会などのユニークなイベントや、物産市が開催されるほか、
まつり期間中は俳句を募集。展望台までのぼって、春の英虞湾の絶景もあわせてお楽しみください